FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H様邸 追記

昨日の記事で書かせて頂いた吹抜けの腰壁スリットの画像を追加します。


スリット施工前
P1070899_R.jpg


スリット施工後
P1070921_R.jpg



1階から吹抜けを見上げた比較。

スリット施工前
P1070902_R.jpg


スリット施工後
P1070930_R.jpg



スリット開口はおしゃれですよね^^
開口部からあかりも取り入れます!
スポンサーサイト

H様邸 状況

最近むしむしして暑いですね。
昨日都内へ行ってきました。
都内のほうが暑いのには変わりないですが、和らいでるのかなとおもえましたね!
熊谷に着いた時都内と違うジメジメした暑さで感じたんですがね^^;


さてH様邸の新築現場ですが、室内は階段がつき外壁も順調に進行しています。


1階階段(養生後です)
P1070896_R.jpg


2階より
P1070895_R.jpg


1階ウォークインクローゼットに繋がる階段です。
P1070875_R.jpg


吹抜け部分の腰壁。
スリットが3ヶ所あけられます。
P1070899_R.jpg


1階から吹抜けを見上げた現状画像。
P1070902_R.jpg


外壁西側(北側より撮影)。白系と茶系の外壁が貼られました。
P1070893_R.jpg


南側(東より撮影)。でっぱっている部分は茶系で貼り分けです。
P1070901_R.jpg


P1070904_R.jpg

H様邸 外壁状況

梅雨入りして蒸し暑くなりましたね。
寝苦しい夜はエアコンをつけたり冷たいものが恋しい季節ですが、体調には気をつけてくださいね!


H様邸の外壁施工状況です。

西側2階部分・・手前が白系ですが、奥のほうは濃い茶系に貼り分けられます。
P1070858_R.jpg

北側2階部分・・白系です。車庫がある下屋はグレーの外壁になります。
P1070860_R.jpg

ニチハ様から頂いた外壁完成予想図です。
P1070864_R.jpg

また随時施工状況をご報告いたします。

地盤調査を行いました!

スウェーデン式サウンディング試験で地盤調査を行いました。
地縄の張ってある四隅と真ん中の5か所で測定が行われます。

測定装置を使ってロッドと呼ばれる鉄の棒を貫入して行きます。
先端にはスクリューポイントと呼ばれ、ドリルのような形状となっています!
P1070765_R.jpg


1点目測定状況。地盤測定装置で荷重を加えて回転しながら貫入していきます。
手前に写っている白い物が測定後のロッドを引き抜くものです。
P1070760_R.jpg

ロッドが貫入されたらロッドを継ぎ足します。
その後貫入装置を引き上げて同じように荷重をかけその作業を繰り返していきます。
P1070763_R.jpg

3点目測定状況。5点目まで同じ作業の繰り返しです。
P1070768_R.jpg

数日後、測定の詳しい報告書が送られてきます。

H様邸

室内物干しユニット「ホシ姫サマ」取付&木工事状況。

洗面脱衣に室内物干しユニットのホシ姫サマが取り付けられました。

P1070771_R.jpg

吹抜け・・・一階・二階共に天井ボードも貼られました。

一階より
P1070722_R.jpg

二階より
P1070734_R.jpg

フローリング

一階部分は白系
P1070776_R.jpg
P1070777_R.jpg


二階部分は黒系が二種類使われています。
洗面脱衣のみ別の色です。

洗面脱衣に使われている黒系フローリング。
P1070772_R.jpg
P1070775_R.jpg

洗面脱衣以外のフローリングはこちらの黒系です。
P1070773_R.jpg

H様邸 太陽光発電システム

ソーラーパネルの取り付けを行いました!

今回は、4月26日からはじまった「平成22年度住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金」制度を利用しました。
受理通知書発効後でないと着工できないため提出書類の関係で着工日が遅めになってしまいました。

瓦一体型SHARP製ソーラーパネルです。
P1070664_R.jpg

施工前
P1070660_R.jpg

施工中・・ソーラーパネルに金具を取付。
ゴムハンマーで軽く叩くのですが、硬くて入りづらいそうです。
P1070667_R.jpg

金具がついたら屋根に並べられしっかりと取り付けられます。
P1070684_R.jpg

ソーラーパネル背面。
配線を隣のソーラーパネルの配線と繋ぎます。
P1070670_R.jpg

配線を室内へ引き込み。
2列のソーラーパネルを残したところでドリルで屋根パネルに穴を空け(画像真ん中)て室内へ配線を引き込みます。
P1070701_R.jpg

配線を引き込んだところにカバーと防水テープが施工されます。
室内側からも穴が空いた部分の隙間が無くなるように発泡ウレタンを吹きつけます。
P1070706_R.jpg

施工後。
5寸勾配の屋根にソーラーパネル80枚・発電容量4.2kwとなります。
P1070719_R.jpg

順次パワーコンディションー等が取り付けられてから本稼働となります。


化石燃料に依存せずCO2を削減でき、省エネ・創エネが出来る我が家・・。
太陽光発電でご家庭だけでなく環境にも優しい生活、始めてみませんか?
プロフィール

ほりけん

Author:ほりけん
FC2ブログへようこそ!

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。