FC2ブログ

フォトシネマを使う

施主様&施主様のご友人向けに着工前から完成までの工事写真を組み合わせ音楽をつけて映画のよう作りDVDでお渡しする、なんて聞いた事ありませんか?

「結婚式のプロフィールムービーのマイホーム版」と、思い浮かべていただければ正にそれなんですが、最近ではそういったムービーを作る工務店も増えてきたようです。

当社でも今回初めてデジタルステージ社のフォトシネマを使いムービー作成にチャレンジしてみました。自分が初めて作った時からのどんなソフトなのか?どんな流れで作成したのか?を書きますので長々となってしまいますが宜しかったらご参考下さい。



まず、正式名称デジタルステージ社のLife with photo cinema 2を使用。
付属でDVD書き込みソフトのUleadのムービーライターADVANCEが付属。
写真ファイルはJPGを使い音楽ファイルはMP3を使用。
ムービー内にテキストを10個程入れる事も可能。(例・エンドロール)
 
フォトシネマ作業

上記が作業前のセッティングウィンドウです。



初の挑戦は新築現場の内覧会用に作成しました。

コブクロ「蕾」を使い写真使用枚数は70枚程度。(ちなみに私の使用しているデジカメの記録容量設定が大きかったので読み込みに毎回時間が相当掛かりました。画質への影響が気になりますが、最初はなるべく写真容量を減らすか必要な写真だけ先にフォルダ分けしておくほうがいいかもしれません。)

取込作業

写真取込画面


効果は「おまかせ」と「じぶんで」がありますが、「おまかせ」にすると写真順番や効果が選べないので「じぶんで」にします。1サビで地鎮祭?2サビで上棟までとし2サビ以降は内外部の完成前・完成後(BEFORE・AFTER)を使いましたが、写真や効果を選びすぎてしまい一つ一つを見るのには移り変わりが激しく良く伝わらない物が出来てしまいました。「じぶんで」では実際に曲を流しながら効果と写真を自分で付け加えます。

画像作業


「じぶんで」の画像挿入作業画面


楽曲の盛り上がりに合わせて大きめな効果を沢山つけたりしがちになってしまうのですが、大きな移り変わり以外ではほぼ一つの効果に絞ったほうが分かりやすいです。それに、2サビまでで上棟まで使ってしまったので時間的余裕がありませんでした。


ここで全体的な修正を加える事にし、まず音楽2曲を組み合わせることにしました。
楽曲をコブクロの「蕾」と「ここにしか咲かない花」をフリーソフトのSoundEngineを使い組み合わせ10分程度に編集。

「蕾」で上記の上棟までとし、フェードアウトから「ここにしか咲かない花」が流されるようにしました。

サウンドエンジン作業


上記がSoundEngine作業画面


再編集で効果は大きいものを使わず写真はなるべく一つ一つ時間を置いて分かりやすく、場所毎のBEFORE・AFTERを載せるようにしました。

上記の「蕾」で上棟まで・「ここにしか咲かない花」でENDまで。
後半は観ていただいた時「ここがこうなるんだ!」とBEFORE・AFTERが分かるように構成。
重要なところに説明のテキストを挿入します。写真の差替えなどで効果や写真の残像が残らないか何度か通しで見て確認し、出来上がったものをまずはフォトシネマ内に保存します。

その後、メニュー画面に戻るのですが、この時点で保存したファイルでDVDなど指定したファイルで落とす事が可能です。専用フォームがあり好きな画像でジャケット印刷も出来るのでトールケースがあればオリジナルDVDケースも出来ます。さらに、コピー機がCDプリントに対応していれば完全に市販品の様なオリジナルDVDが出来ます。

完成したものをアプリ形式に落とし内覧会でプロジェクターにノートパソコンを繋いで上映し、ご来場頂いた方々へ贈呈させていただききました。

DVD.jpg

完成したDVD・ジャケット・会社プロフィール等



使用してみての長所・短所や細かい解説


・ 写真の取り込みはフォルダを指定すると画像ファイルがあれば表示され、120枚取り込めるのですが、取り込むにあたり順番が指定できないので自分で効果や写真切り替えタイミングを編集するには並び替えないと作業しにくいのでその作業が不便です。


・ 途中の写真を「間違ってやりなおし」するには一通り出来上がったムービーだと修正が結構大変です。一枚の写真修正でも修正写真前の写真からの移り変わりからやり直さないといけません。一定の移り変わりテンポがある場合写真を追加したいとなると1枚だけでも後のムービーに響きます。最悪追加写真以降作り直すことになる可能性も出てきます。


・ 音楽は事前にMP3ファイルを用意すれば使えます。基本的に全体の長さから縮小するという選択肢しかないのですが、フォトシネマ内で曲の長さを変えることが出来ます。

・ 効果については「じぶんで」と「おまかせ」があり、「おまかせ」を選ぶと取り込んだ写真と効果を自動で付けてくれるので便利ではあります。ただ、タイミングや写真を全く指定できないので施工前→施工後を流すのには向いていません。

・ 作業中いきなりエラーが起こることがあります。説明書にも記載されていますが保存はこまめにした方がいいでしょう。

・ 出来上がったムービーをDVDに焼くためにQuickTime形式で一度ハードに落とすのですが、ファイルが大きいためパソコンのスペックにかなり依存します。(6分程度で2時間かかりました)
ただ、DVDに焼く事を考えなければHTMLやアプリ形式ですぐに落とす事も可能です。


今回は作業説明全般になりましたが、こういったもので少しでもお施主様に喜んでもらえたらと思います。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ほりけん

Author:ほりけん
FC2ブログへようこそ!

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード